« 稚ビーとの戦 ver.Ⅰ ~キリュウの挑戦~ | トップページ | 稚ビーとの戦 ver.Ⅲ ~キリュウの敗北~ »

稚ビーとの戦 ver.Ⅱ ~キリュウの戦略~

あらすじ
前回、袋を二つぶら下げて家にようようと帰ってきたキリュウ。
もし大きな袋にCRSが入っているならば、CRSのエサは、隠れ家は、ソイルは、水槽は・・・。

ショップにて、キリュウの頭はCRSに占領されていた。
けれど、いくら潤っているとはいえ、チラリと見た財布には1000円しか入っていない。クラウンローチが二匹買え、ガラ・ルファが一匹買え、コリドラス・ステルバイが一匹買える値段でしかない。どれを優先すればいいのか――
しかし、勢いあまって入ってしまったCRSの水槽世界はカンタンに抜け出すことはできない。 ・・・格言。
爆殖しすぎてしまえば熱帯魚のエサにするしかない。エサ代はバクダイなものになるであろうし、そもそも一匹がいま大特価でも500円。どうやって二匹買えというのか。そのほうがムリというものだ。
・・・キリュウの頭に、ひとつ考えが浮かんだ。
大昔すぎて、もう誰も覚えていないであろう10月、ワタシがまだベタをかっていたころ。
ベタの「ほっと・はうす」と称したその水槽。
ベタのいなくなった時、それはキッチンのすみに洗っておかれていたはずなのだ。
あれを使えば・・・。
CRSを飼う事も不可能では無い。
走る。そう、走れ。ソイル売り場に。
エサ売り場、隠れ家売り場、金魚売り場、海水魚売り場を駆け抜けた後に、やっとたどり着いた場所――

「ソイル 2kg
    780円」

これは意地悪ではないか。
たった500グラムしか必要としないのだ。それなのに、少ない袋でも2kgのものしかない。
思い切って店員に、「ソイル500グラムください」といいたかったが、やむを得ず考え込んだ。
このとき、クラウンローチやコリドラスはCRSに逆襲をしたのである。
――しかし、救いはあった。
キリュウがウィローモスコーナーにたちより、つまりそこは水草売り場である。
その水草の砂利を眺めつつ、「ソイル、ソイル」とつぶやきつつ・・・いや、叫びつつイライラと右往左往する。
・・・ガーデニング。
母の趣味はガーデニングである。
そこには、「ソイル」・・・赤玉土があるはずだ。赤玉土は肥料を含まないため、CRSにも安心なはず。

そして、キリュウはついに決めてしまったのだ。CRSを買うことを。
我らがCRSは、クラウンローチやコリドラスに勝ったのだ。

この後の戦略は、決まっていた。
今はウィローモスとCRSを一匹だけ買い、来月にもう一匹CRSを買おうと。
そして、そこからどんどん増やしていき、繁殖をさせようと。
この機会に、CRS専用のエサを作ってみようと。

ショップから出たとき、キリュウは袋を抱えていた。
ひとつは大きな袋。
ひとつは小さな袋。
小さな袋にはウィローモスの入ったパックがはいっていた。
大きな袋の紙袋の中には、水にゆれるCRSがいた。

――しかし、全ては甘かったのである。

続く。

|

« 稚ビーとの戦 ver.Ⅰ ~キリュウの挑戦~ | トップページ | 稚ビーとの戦 ver.Ⅲ ~キリュウの敗北~ »

コメント

おおぅ!?まだ続くのか?
しっかし ソイル500gだけください。
・・・このフレーズオイラも言ってみたい。
中途半端な量なんですよねー。

投稿: でむちん | 2006年8月29日 (火) 20:11

ほほ~、ふんふん、
え、甘かった???

投稿: すとらと | 2006年8月29日 (火) 21:21

水に揺れる~って表現は いい感じ♪
続くのね。。。

投稿: puku | 2006年8月29日 (火) 21:45

またまたおあずけ~Oo。。( ̄¬ ̄*) 
壮大な物語は果てしなく・・・(笑)
明日はまた二つの袋をゆっさゆっさから
の出だしを期待してますw
一体どうなった~?w

投稿: ニコチン | 2006年8月30日 (水) 06:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83655/3243606

この記事へのトラックバック一覧です: 稚ビーとの戦 ver.Ⅱ ~キリュウの戦略~:

« 稚ビーとの戦 ver.Ⅰ ~キリュウの挑戦~ | トップページ | 稚ビーとの戦 ver.Ⅲ ~キリュウの敗北~ »